犬と一緒にシリウスに

寄り道しつつ人生の階段、降りてます

2018夏 思い描いた夏と違う

2月にスノーシューを初めて体験して楽しかった。
暑さに異常に弱くなって数年。
もう夏は活動休止にして冬、例えばスノーシューに出かける為のお金とか、
とにかく秋冬の為の準備期間にしようと決意。
ちょこちょこと一緒に出掛ける友人にもそう宣言。
8月のお出かけは「夏乗り切った良かった!」ご褒美で、星に関連したツアーだけ。
9月のクラシックフェスSTAND UP!で活動再開!
そんな予定をたてた。

 21日 池袋の公園


なのに今私は
お盆休みに来日中メル友&子らを案内する横手一泊旅行の観光先を考えたり、
50歳を過ぎてフェスデビューの友人の付き合いでソニマニに行く事になったり、
栃木に行くバスツアーを探して予約したりしている。
のんびりどころか、私の人生ではそう何度もない位に予定がある夏になった。


「…なんなら付き合うけど?」
すべてが自分が言ったこの言葉から。


あんまり密度の濃い人との付き合いは好きではない。でも人が嫌いじゃない。
「何故こんな事に・・・∑( ̄□ ̄;)」(自分のせい)とちょっと思うけど
一緒に、と言って大喜びされる事はそんなにない。
次の夏「一緒に」と言える自分でいられるのかも判らない。言える状態に感謝。


栃木&ソニマニは「この夏は活動しません」と伝えた友人と。
宣言無視・・・


それにしても暑すぎる大暑の日だった。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。